MESSAGE

2019/2/18

悪いお嫁さんで、ごめんなさい

この2-3週間、思いもよらないことが起こり気持ちの整理をするのに時間がかかっています。 1月末に義理の母が心臓の手術を受け、漸く苦しい日々から解放され、頑張ってリハビリに励み快方に向かっていたのですが、、、。 それが急に倒れて亡くなるという悲しい結末になり、忙しいとか施設や病院が遠いという理由でなかなか看病やお手伝いができていなかった私は、この事実をどのように受け止めればよいのか、心が折れそうな日が続いています。 確かに本当の母ではないのでなんとなくお互いに遠慮もあり、義理の母も私にはわがままをあまり言わず、実の娘である義理の姉になんでも頼んでいたのは知っていたのですが、、、。 後悔先に立たずの切ない成り行きに、もっと何かできなかったのかと、つい考えてしまいます。 もともとファッションのお店を経営していた母は働く私を応援してくれていて、仕事やファッションの話をいつも楽しげに聞いて、書籍や雑誌に私が載ったときは褒めてくれたり、周りの方々に自慢してくれたりとよき理解者だったのに、、、。 なんだか何もお返しをしていなかったような気がしてなりません。 ただ、危篤の連絡を病院からもらい一人病室に着いた時、もう意識こそなかったけれど間に合ったことが唯一の救い。 あの時、あの場所にいれたことが、今となっては最後の時間を共有できた大切な時間だったと思っています。 私がS家に嫁いで23年。 元気で社交的、美味しいものが大好きだった母と一緒に出かけた幾つもの素敵な思い出と、口癖だった「私はあなたと息子が仲良く暮らして、健康でいてくれるのが一番嬉しいのよ」の言葉を心に刻んで、、、歩いてきます。 悪いお嫁さんで、本当にごめんなさい。 天国で義理のお父様と楽しい時間を過ごしてくださいね。......

続きを読む

CONTACT

contact us コラムへの感想、仕事の依頼などはメールでも
受け付けております。お気軽にご連絡ください。
mail address

Twitter

YouTube

オーエンスのYouTube公式チャンネルです。

このページの上部へ